全身脱毛のvioラインのパーツについて|全身脱毛おすすめナビ

全身脱毛のvioラインのパーツについて

全身脱毛の施術を受けるときにはvioラインの仕上がりが重要なポイントになります。
Vライン、Iライン、Oラインの脱毛の施術は近くに粘膜があるデリケートな部位なので、専門性が高い技術が必要となるため綺麗に仕上げるのは難しいのです。
そんなvioラインの脱毛の施術とはどのようなものなのでしょうか。

vioライン脱毛とは

vioラインとは、ビキニタイプの水着などを着たときの水着の際辺りのパーツのVライン、縦に長い粘膜の周りのIライン、お尻の穴の周りのOラインの部分で構成されている、いわゆるアンダーヘアのことで、全部の範囲をツルツルに脱毛してしまうのは、一般的ではなく、前もって脱毛の施術を受ける前の無料カウンセリングの段階で、どんな形で残しておくかをカウンセラーの方と相談して、お好みのデザインの形に整えるのが一般的です。

vioラインの濃さの調整

全身脱毛は美容外科クリニックなどの医療機関で医療レーザー脱毛の施術を受ける場合でも、脱毛サロンなどでフラッシュ脱毛の施術を受ける場合でも、vioラインも含めて一回脱毛の施術を受けただけでは、ムダ毛が目立たなくなる訳ではありません。
脱毛の施術を繰り返すことによって、ムダ毛がまた生えてくる組織にダメージが蓄積されていくことによって、少しずつ産毛状のムダ毛に近づけていくことによって脱毛の施術が完了することになります。
このことは、脱毛の施術回数を少なめに抑えておけば程よい濃さに調整できるということを意味しています。

vioラインを脱毛することのメリット

これらのことからvioラインはお好みのデザインや濃さに調整できることが分かります。
生えているアンダーヘアの量を最低限に抑えておくことによって、デリケートな部分が蒸れるのを防ぐことができ、粘膜やお尻の穴から排出される老廃物などの汚れや雑菌が付着しにくくなり、清潔に保つことができるようになります。

まとめ

これまで述べてきたようにvioラインは、全身脱毛の他のパーツに生えているムダ毛などとは異なり、すべてのムダ毛が目立たなくなってツルツルの状態になれば終わりという訳には行かず、無料カウンセリングなどの脱毛の施術を受ける前の計画や相談が大切になってくる繊細なパーツであることが分かります。
無料カウンセリングのときに、あまり慎重に考えずに安易に脱毛の施術を受けると後になって後悔することになるので注意する必要があります。