全身脱毛の施術は痛いのか|全身脱毛おすすめナビ

全身脱毛の施術は痛いのか

生地が薄い洋服を着る機会が増えるたびに、ムダ毛のことが気になってしまいます。
お肌を露出する機会少ない時期でも、暖房が効いている部屋で上着を脱いだときなどに気になってしまいます。
全身脱毛の施術を受けることを検討したときに、不安に感じることが、全身脱毛の施術のときにどれぐらい痛いのかということです。
脱毛の効果がある医療レーザー脱毛の施術は、効果があるけれど痛かったという口コミが多いので、抵抗がある人も少なくありません。

痛みを感じやすいパーツ

脱毛の施術のときに痛みを感じることが多いパーツを前もって知っておけば気持ち的に痛みに備えることができます。
痛みを感じやすい場所はIラインや、ワキの下のように濃くて太いムダ毛が生えていることが多く、また脂肪が付きにくいパーツということになり、Oラインも痛みが感じやすいパーツとなります。
そして、医療レーザー脱毛と、フラッシュ脱毛に共通して言えることですが施術に伴う痛みは、施術を繰り返すことによってムダ毛の再生力が衰えていくので、施術回数を重ねる度に弱まっていきます。

痛みに対処する方法

医療レーザー脱毛でも脱毛サロンでフラッシュ脱毛でも痛み発生しますが、痛みを感じやすいパーツの脱毛の施術にかかる時間はそれほど長い訳ではないので、耐えられない程度の痛みではないという方が少なくありません。
とはいっても、人によって痛みの感じ方はそれぞれ異なります。
脱毛の施術に伴う痛みに耐えられないというときは、照射する医療レーザー光線や光の出力を調整することもできるため、お医者さんや施術をするスタッフに相談するのも良い方法です。
ところが、照射する医療レーザー光線や光の出力を低下させると脱毛の効果が弱まるということも知っておく必要があります。

自分で痛みを和らげる方法

お肌が乾燥していると脱毛の施術を受けているときに感じる痛みが強くなることがあります。
脱毛の施術を受ける前の日だけでなく、毎日お風呂から上がった後や出かける前にもボディローションを塗っておくなどして、お肌の保湿ケアをして乾燥させないようにしておく必要があります。

まとめ

自分が痛みに、あまり強くないという自覚がある場合は、全身脱毛は痛みを感じやすい医療レーザー脱毛ではなく、脱毛サロンのフラッシュ脱毛の方が向いているかも知れませんが、背中や腕などの産毛も目立つという場合は脱毛の効果が高い医療レーザー脱毛の方が向いている場合がありますので、無料カウンセリングなども利用してじっくり検討する必要があります。