全身脱毛に必要な期間と知識|全身脱毛おすすめナビ

全身脱毛に必要な期間と知識

全身脱毛は主に医療機関やエステサロンなどの専門施設で受けられますが、価格や施術内容・完了までに通い続ける期間といった部分で差が生じやすく、続けやすいところで契約することが求められてきます。
そのため、脱毛に関する最低限の知識を身につけておき、生活スタイルと予算に合わせて失敗しない契約を心がけましょう。

全身脱毛プランでも脱毛できない部位が存在する

一般的に全身脱毛と記載されているプランであれば、身体の広範囲にわたってムダ毛の処理を行えるものといえますが、注意点として特定の部位は処理の対象外とされている例があげられます。
対象外になりやすい場所としてはVIOラインを始めとしたデリケートな箇所に加えて、脱毛施設によっては首から上もしくは顔全体が脱毛の対象から外されていることも考えられます。
予め希望する部位がプランに含まれているかを確認しておかないと二度手間となってしまい、コストも多く掛かる結果へ陥ります。

用いられる脱毛技術の違いとは

全身脱毛の際に使われる技術としては、医療レーザー脱毛とフラッシュ脱毛が代表的であるほか、補助的にニードル脱毛を導入しているところも存在しています。
医療レーザーは原則として医療施設でしか取り扱いができないため、契約先の選択肢の幅が狭まってしまう欠点を持ちますが、費用対効果に優れており比較的短期間で施術は完了する特性があります。
一方でフラッシュ脱毛はエステサロンにおいて主流とされている技術であり、肌に優しく刺激が控えめなのでデリケートな部位にも使える利点は生じますが、照射エネルギー量が弱く効果が発揮されるまでに何度も通う必要が出てきます。
また、ニードル脱毛は痛みが強く施術時間も長く掛かってしまう理由から、医療レーザーやフラッシュの技術で処理しきれなかった箇所へ用いる方法が多く選択されます。

全身脱毛完了までの期間はどれくらいか

効果が強めの医療レーザー脱毛を選択した場合における完了までの期間はおよそ半年から1年程度となり、フラッシュ脱毛だと更に長く掛かる傾向を持ちます。
その理由として毛周期の概念を考えて脱毛しなければならない問題があげられ、発毛サイクルを理解して最大限の効果を得られる時期まで待たないと、施術を受けても効果が下がってしまいます。
毛周期のサイクルは数週間から数ヶ月おきなので、あまり短い間隔で施術を受けるのは好ましくありません。

まとめ

全身脱毛で失敗しないためには1つのプランのみで希望する部位をまとめて処理できる状態としつつ、脱毛技術の特性と毛周期のサイクルを知っておき、最適なタイミングで脱毛を行う選択が重要となります。